BLOG

美容師が考えるトリートメントとは?その2

最近、朝晩と昼の温度差が激しいですね
服のチョイスに困りますね、朝は寒いし昼は暖かいし…
ritz130423_14-300x253
さて、トリートメントの話の続きをー

前回は、「トリートメントすることで一時的に毛髪強度を高め薬剤のストライクゾーンを増やし、安定したパーマやカラーをする」というお話でした

でも実はこれだけではトリートメントとしては不十分でして、パーマやカラーをしたあとの毛髪内部にはアルカリや活性酸素がたくさん残っています

アルカリ?活性酸素?となりますが要は髪や地肌に残してはいけないものです

これらがおうちに帰ってからのダメージの原因になるからです

アルカリや活性酸素は目にみえない(もちろん僕らもみたことがない)のでわかりづらいですが

例えるなら、病院でおなかの手術をしました、でも縫合せずにそのままにしている、そんな感じでしょうか?

考えるとこわいですね

そこで僕たちはパーマやカラーの施術後はシャンプー台でアルカリや活性酸素を少しでも取り除くようにトリートメントをしています

パーマ、カラーの後のシャンプーの時間が長いのはそのためなんですね

目に見えないからこそ徹底的にトリートメントをしています

ここに来始めてからパーマ、カラーをしても前ほど傷まなくなった、といってもらえると嬉しくなっちゃいます

「くり返しデザインが楽しめる髪をつくる」

うちの指針のひとつです

次は当店のもうひとつのトリートメント、「被膜をつくる」についてです

ありがとうございました(^O^)

関連記事

  1. image-29-500x333
  2. img_3049-500x333
  3. image-45-500x333
  4. image-2-500x333
  5. image-54-500x333
  6. 7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

新着記事

  1. image-54-500x333
  2. 7
  3. 7795cca8-0bfc-488d-83ae-336f0592f5c6

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP